VALLEY PARK STANDからシーズナルドリンクが登場

2020.09.30

VALLEY PARK STAND / INFO

VALLEY PARK STANDからシーズナルドリンクが登場

秋の爽やかな風を想わせる、こだわりの茶葉とリンゴの豊かな果実味

VALLEY PARK STANDから、秋のシーズナルドリンクメニュー「アップルグリーンティー」と「アップルブレンドティー」が、10月1日(木)より登場します。

主役となる茶葉は、アメリカの「スミスティー」を使用。アメリカの紅茶消費量を7倍にした立役者の一人とも言われ、世界中のスターバックスで販売されている「TAZO ティー」の創立者であるスティーブン・スミス氏が、TAZO をスターバックスに売却後、新たに始めたティーブランドです。 厳選した茶葉だけを集め、1 点1 点ポートランドのティーアトリエで、スミス氏自らがブレンドを行っています。

希少な中国産の緑茶と、アメリカ北西部産の香り高いスペアミントの組み合わせにオーストラリア産のレモンマートルの香りが漂うブレンドグリーンティー『FEZ』と、突き抜けるくっきりとした爽やかさとドライアプリコットやオレンジピールの香りも魅力、厳選したフルリーフのアッサムとセイロンのブレンド『EXCEPTIONAL』をそれぞれセレクトしました。

こだわりの茶葉と、リンゴの豊かな果実味を感じるコンフィチュールの組み合わせが心地よく、秋の爽やかな風を想わせる一杯です。

ぜひ、店頭でお試しください。

VALLEY PARK STANDの他のニュース

INFOの他のニュース